おすすめ記事

リゼロ スロット バナー
クリアファイルスタンド バナー



【3Dプリンタ】ダンボーのフィギュアを3Dプリンタで作ってみた


3Dプリンタを買ってから3年ほど。ずっと買ってから思っていたこと。

「3Dプリンタでフィギュアが作りたい」

ただ、ネットからデータを拾ってきて出力するつもりはないのでデータから作らないといけない。そこがハードル高いですね〜。3Dプリンタでいろんなもの作ってきましたが、まだ美少女フィギュアのような人型かつ曲線美豊かなボディを描ける自信はありません。

 

ということで今回はお手軽そうな・・・

『ダンボー!』を作っていきます!!

 

ちなみに塗装もします。何気にスプレー缶でない塗装も初挑戦。

 

作っている過程は全部動画にしました。YouTubeでアップしているのでそちらもご覧ください。

 

 

ダンボーはやっぱり描きやすかった。

 

ダンボー モデリングデータ

 

可愛いよねダンボー♪好きだわー。まあ中身はみうらだけどね笑

小学生の自由研究としてはとても良い出来。えな、みうらの将来が楽しみだね。

しかも顔の部分に収納出来るという機能付き。まあ顔だけで充分デカいけど。

 

よつばと ダンボー 3Dプリンタ

 

出力して色塗ってはい、完成!

出力しているところや塗装している部分は動画をご覧ください。

初めてのフィギュアとしてはなかなかの出来。まあダンボーは簡単だよね。

ちなみにとなりのよつばは塗料を買いに近所の模型屋さんに行ったんだけど、おじいさん、おばあさんがやってる昔ながらのお店って感じのところだったのですが。店内の奥の方に「どういうチョイスで仕入れたの??」って首をかしげたくなるようなラインナップバッラバラのフィギュアが棚に乱雑に置かれていたのですが、その中によつばがあったので一緒に飾ろうと思って買ってきました。

いやー趣あるいい店だった。置いてある商品の箱が皆色あせてるのよ。何年在庫で持ってるんだろーって感じの。それがいいんだなー。ねんどろいどとかも雑多な棚に交じってたからまた掘り出し物探しに行こうかな。ただね・・・1点だけ・・・。

くっそ暑いの!店内が。。。

店内窓も空いてなくて締め切ってるんだけど、冷房もつけてないの。ついてるのはレジにある扇風機1台。暑くて暑くて、店内をゆっくり見れなかった。高齢者の方って暑さを感じにくくなるっていうけど(うちの祖母もそうだけど)、あの中はおじいさん、おばあさん熱中症になってしまうのではないかと心配になる。大丈夫なのだろうか・・・。

あと、やっぱり喚起されてない感じだから今のご時世コロナウイルスも気になってしまって長居したくなかったので。まあ、マスクしてたのも暑さを感じた要因かな。

もう少し涼しくなって秋になったらまた行こうかな。あの店仕入れとかしてるのかな?フィギュアやプラモのラインナップ変わらなそうだなー。

 

JUGEMテーマ:3Dプリンタ






3Dプリンタ梱包方法(「ダヴィンチ 1.0 pro」を例に梱包します)


引っ越しをしました。

YouTubeの動画の中では話しましたが、私は引っ越しが大っ嫌いです。フィギュアやらアニメグッズやらとにかく物がいっぱいでめちゃ大変。今まで数回引っ越しをしてきましたが、大嫌いなイベントです。もう引っ越したくない。ただ、今住んでいるところも賃貸なので、一生ここに住むことはなくいつか引っ越す日は来るのですが。

さてそんなこんな引っ越しまして「さようなら、関東」となりました。次に戻ってくる日があるかわかりませんが、「また会う日まで」。まあ旅行とかで行くことはあると思いますがね。

 

 

そんなことで、引っ越しということで所持している3Dプリンタを梱包しましたのでそちらの紹介をしたいと思います。

 

 

3Dプリンタ梱包

 

 

3Dプリンタは単純な機構であれど、いや単純な機構だからこそしっかり梱包して搬送しなければ故障につながってしまいます。特に「ノズルの軸」、「ステージ」この二つはしっかりケアしてあげないと取り返しのつかないことになるでしょう。ノズル自体が壊れてしまった場合は、最悪ノズルの交換品も売っていると思いますのでノズルのユニットごと交換してしまえばなんとかなるでしょう。ただ、軸(ボールねじなど)やステージは別です。ノズルの駆動に使われている軸が衝撃や振動で曲がってしまったり、変形してしまったりして、軸芯がずれてしまった場合、出力自体もひん曲がって出てしまうので全く精度が出なくなってしまいます。ステージも同様に変形や曲がりが生じてしまえば、どんなに調整しても水平が出なくなってしまい精度がでません。

搬送するトラックの中は、想像以上に揺れます。それは路面の状況等もありしかたないことです。3Dプリンタは精密機器です。梱包をしっかりしていなければ搬送の揺れでノズルが上下左右に暴れてしまいその振動で軸が変形してしまったりしますし、ステージも破損してしまう可能性があります。そうなってしまうと3Dプリンタとしては殆ど終了です。安価な3Dプリンタであれば買いなおせば良いでしょうが、高価な3Dプリンタを所持している人はしっかりケアしましょう。ノズルのように交換部品が売られているものは交換可能でしょうが、軸(ボールねじ)なんかは単体でメーカーが販売しているところは少ないでしょう。もし手に入れられたとしても組立式でなく完成品タイプの3Dプリンタの場合、自らオーバーホールして修理するのはなかなか骨が折れる作業です。ましてや変形しているのが1つの軸だけとは限らないので、それを交換したとしても直る保証はありません。他にも歪んでしまっている部品が多数あるかもしれません。また、メーカーに相談し、修理を依頼することができたとしてもおそらくかなりの費用が掛かってしまうでしょう。そうならないためにも搬送前にしっかり固定・梱包することが重要になります。

 

どのように梱包すればいいのか?

 

それは基本的に購入当時開梱したときの状態(出荷状態)と同じように梱包すれば良いのです。開梱したときはどんな風に梱包されていたか、そこを思い出しながら、結束バンドや緩衝材(発泡スチロールなど)、プラスチックの固定具なんかを使いながらしっかり固定して梱包しましょう。特にこれから3Dプリンタを購入する方、購入を検討している方に強くオススメしたいのが、購入時に開梱する際、固定をひとつひとつ取り外す前に写真を撮ることです。どんな風に梱包されていたのか完全に記憶するのは不可能です。しっかり写真を撮り、後のために記録を取りましょう。私も開梱の際に、固定を解きながら写真を撮っていたので、購入から数年たった引っ越しの際もそれを見返しながら梱包することができました。また、購入時に固定に使われていたものは捨てずに取っておくことをオススメします。結束バンドのように切ってしまうものは取っておく必要はないですが、他のものは取って置いた方が良いです。物の置き場がないなど、取って置くのが困難な人は写真だけでも最低限撮っておけばテープで固定したり代用が可能だと思います。

 

 

さて、ここからが本題。

今回引っ越しの際に梱包した作業を動画に残しましたので、参考にしていただければと思います。梱包した3DプリンタはXYZプリンティングの「ダヴィンチ 1.0 pro」です。同じ3Dプリンタでなくとも、どういったところに気を付けて梱包すれば良いか、そのあたり参考になるかと思いますので、私と同じで引っ越しがあり、3Dプリンタを運びたいんだけどどうすればよいかわからない、といった人がいれば、少しでも助けになればと思います。

 

 

 

 

こちらが動画になっています。音声付き(合成音声ですが)で解説もしていますので是非お困りの方はご覧ください。






【3Dプリンタ】アップルウォッチ充電スタンドを作ってみた


去年購入した物の中で一番良い買い物は何ですか?と聞かれたら迷わずに答えるのが「Apple Watch」です。購入したのは去年の10月ですね。Apple Watch Series 4(アップルウォッチ4)を買いました。元々アップルウォッチは欲しく、2018年に新モデルが出るという噂があったので発売を待ち、発売後は店頭でアルミケースのモデルとステンレスのモデルなんかを比較しながら購入しました。

 

 

 

 

 

結局購入したのはこのモデルです。

 

これは良い買い物でした!購入してからほぼ現金を使わなくなりました。普段の買い物もアップルウォッチでクイックペイですし、スイカもアップルウォッチで自動チャージです。さらに飛行機に乗る時の航空券もアップルウォッチでQRコードを表示して乗ります。更にゴルフの時は残りヤード数や高低差を出してくれます(月額有料アプリですが)。後はアクティビティですね。ウォーキングやランニングをするときはホント便利です。完全に手放せなくなりました。便利すぎて今となってはアップルウォッチが無いなんて考えられない。

 

そんなアップルウォッチの充電は専用のマグネット式の充電にカチッと置けばOKです。これまた便利!ただ、USBのマグネット充電器が無造作に机に置かれておりなんかイマイチかっこ悪い。ネットで調べるといろいろな充電スタンドが売ってます。

 

 

 

    

 

 

 

いろいろありますネー。ただなー。個人的にはベルトやアップルウォッチの外枠ケースをいろいろ変えたりしたいからその辺も一緒に置けるのがいいんだけどなかなかそういうのはないなー。

 

・・・久々に彼に働いてもらうか。

 

ということで3Dプリンタで作成することにしました。ただ、以前も書きましたがこの3Dプリンタ不調のままです。ノズルからでるフィラメントの品質が悪い。今度ノズル一式購入する予定ですが、まあ今回は自分がちゃらっと使うようで品質等も気にしないのでこのまま作ろうと思います。

 

 

 

アップルウォッチスタンド図面

 

 

 

図面はこんな感じにしました。充電器をはめる窪みと、ベルトやカバーを収納する場所を作りました。ではプリントしていきます!

 

 

 

アップルウォッチスタンド

 

 

ちょっと割れとるー。冬場は寒いので冷却の時に割れちゃったかな。3Dプリンタ置いてる部屋寒いので。暖房入れとけばよかった。まあいいか、自分で使うようなのでこれぐらい気にしません。

 

 

アップルウォッチスタンド

 

 

アップルウォッチスタンド

 

 

アップルウォッチスタンド

 

 

どうです?いい感じじゃないですか?なかなかの出来です!満足満足♪今このブログを書いてるPCの横に置いているのですが、アップルウォッチ君も心なしか居心地よさそうにしております(笑)






【ダヴィンチ 1.0 Pro】ノズルが詰まったので分解


壊れました。

何がかというと3Dプリンタ。

全然、ノズルから出てこない。アンロードしようが、ノズル清掃しようが、全然出てこない。絶望的です。

ん〜、酷使しすぎたかな〜。

 

1個思いつく原因は、ソフトウェアがアップデートされ今までノズル温度を240℃までしか設定できなかったのですが、更に温度を上げられるようになったのです。それが嬉しくって250℃に設定して出力してました。ABSの樹脂を使うときもっと温度高いほうが安定しそうだなーと常々思っていたので。ただ、ソフトはアップデートしていたのですが、ファームウェア(本体)側のアップデートは忘れていたのです。。。ファームウェアのアップデートは、ダヴィンチとパソコンをUSBで接続しなくてはならず、ダヴィンチとパソコンを置いている部屋が別の私は「めんどくさいから後でいいや〜」と思って忘れておりました。そしてそのまま使った結果・・・。

 

ノズルの中でフィラメントが焦げ固まった。。。ま、この後分解するのですが、中を覗いたら見事に真っ黒でした。

 

それでは分解です。

 

エクストルーダー(ノズルユニット)を外すにはツマミを摘んで斜めに引き上げます。するとポコっとユニットが取れる。取るときは配線のコネクタがあるので忘れずに外してください。コネクタはそのまま引けば取れます。

 

 

 

ツマミ

 

 

 

この黒いツマミ。これはもう取った後の写真ですが。

次はヒーター棒を外しましょう。

 

 

 

イモネジ

 

 

 

ヒーター棒は芋ネジで止まってるので六角レンチで外します。イモネジは小さいのでなくさないようにしましょう。私はネジ用のマグネットトレイを持っているので入れてますが、何か小皿でも用意して入れるといいと思いますよ。

次はエクストルーダーの側面のネジを外します。

 

 

 

側面

 

 

 

ネジは特殊ネジで止まってます。専用のドライバーを持ってるのであればそれで回せばよいと思いますが私はないので、愛用のネジザウルスで取りました。今となっては有名になりましたが、昔ホームセンターでネジザウルスを見て買って使ったときは感動しましたね。もう6年ほど前でしょうか。初代ネジザウルスは2002年に出たようですけどねー。

外した後は今後も分解するので普通のプラスネジに付け替えました。

 

 

 

ノズル

 

 

 

さて、外したらこの上の部分の筒状の部品を外します。ネジが切ってあって止まっているので、回せば取れます。

 

 

 

外した後

 

 

 

こんな感じで。後は刺さって止まっているだけなのでこのまま抜き取ります。

 

 

 

引き抜き

 

 

 

そしたらこの金色の先端のノズルも外します。ネジがきってあるのでヒーター棒が刺さってたところに何か棒を差し込んで(私は六角レンチを差し込みました)、そのままぐるんと回します。すると取れますが、、、中真っ黒でした。衝撃でわーってなってそのままアセトンに漬け込んだので写真取り忘れました。。。

 

 

さて、残ったほうはというと・・・

 

 

 

中身

 

 

 

中にフィラメントが通るためのガイドチューブが入っているのですが・・・。

 

 

 

ガイドチューブ

 

 

 

詰まって焦げたフィラメントの熱が伝わったのでしょう。こちらも焦げとりました。。。

こうなっては使い物にならないので交換しましょう。ただ、こんなピンポイントの純正部品は売ってないので代替品を探します。エクストルーダーを丸々購入すると2万円弱もするので。ただ、今後のためを考えると予備としてもって置きたいですね〜。そしたらメンテナンスとして外している間も交換して使えますし。ただ高けーなー。

 

さて代用品ですが、こちらを買いました。

 

 

 

 

 

 

届きました。

 

 

 

チューブ

 

 

 

ガイドチューブと合わせ、同じ長さに切ります。

 

 

 

切り揃え

 

 

 

真っ黒に詰まってる方のノズルはアセトンにつけて、針金の棒(ノズル清掃用に付属で付いてくるやつ)でガリガリ削りながら焦げをはがし取り、向こう側がやっと見えるまでになりました。ただ、完全に焦げが取れたのかは自信ない。ノズルの中は光を当てても良く見えないし。ノズル径は0.4mmですからね。目視でその判断は厳しい。ま、しょうがないからこのまま組み付けます。

 

 

結果は・・・ノズルからフィラメント出てきた!!

ただ、、、出てきているフィラメントの状態は悪い。なんかブツブツしてて太さに均一間がない。出てるときもノズルからバチバチなんかはじけるような音もします。。。

やっぱり先端にまだ焦げ(炭)が残っていて、熱がうまく伝わらないので綺麗に溶けないんだと思います。これはノズルの中をもっと綺麗にしないとだめですね。ということで、0.4mmのドリル刃を買いました。今度これでノズルを穿って取り除いてみようと思います。

 

試しに造型してみましたが、やはり出来は良くなく表面がブツブツしてました・・・。

ということでまた分解・清掃したら結果を書きますねー。ダメだったらエクストルーダー買いなおすか〜。高いな〜。






ルンバを買いました


結構前になりますが(たしか大晦日にネット注文しました)、ルンバを買いました。

 

 

 

 

 

買ったルンバはこちらになります。なんやかんや考えて結局800シリーズを買いました。さて購入して、4か月以上経ちますが、ルンバは、めちゃくちゃいい!思った以上に掃除してくれます。平日は毎日スケジュールタイマーで掃除しているので綺麗です。やはり掃除してる時の音は普通の掃除機同様そこそこ音がするので、出かけている時間帯にタイマーをかけるのをオススメしますね。

 

あとルンバ自身の高さ(厚み)が9.2cmあります。それ以上の隙間は入り込むことができません。私の家だとソファーの下の隙間が、8cmでした。これではルンバが入っていって掃除してくれない。

ということで、こんなの作りました。

 

 

 

 

ソファー足

 

 

ソファー足

 

 

 

木の板は100均で買ってきました。2層目にニトリで昔に買った、パズルみたいに組んで床に敷くやつ(子どもが遊ぶとこに引くやつですね)の余りを切ってクッション材に使い、3層目にホームセンターで買ってきた滑り止めのゴムを使いました。一番上の丸の円柱は元々のソファーの足のサイズに合わせて、3Dプリンタでガイドを作りました。

 

 

完璧!!

 

 

ルンバもスイスイソファの下に入って掃除してくれます♪

ただ・・・平日毎日って酷使し過ぎかな??バッテリーの関係もあり寿命の長い800シリーズにしたのですが、ちょい不安です(苦笑)

 




calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

banner


ツイッターバナー

selected entries

archives

recent comment

search this site.

mobile

qrcode

mail form

advertisement