【映画】銀魂 実写映画(感想)



先日、銀魂の実写映画を見てきました。

 

 

銀魂

 

 

銀魂の実写映画は、映画館での宣伝ムービーを見たときに「おや、期待してなかったけど、意外と銀魂の世界観壊れてなさそう。面白いかも。」と思っていました。

今回、特に見に行くつもりはなかったのですが、もともと友達と3人でちょっとしたドライブ観光を予定していたのですが、急遽1人参加できなくなって、2人で行くのも、、、となり、「何しようか?」となったので、私から「そういえば銀魂見てみたい」と提案していくことになりました。ちなみに私はジャンプ愛読者なので銀魂はもちろん知ってます。でも友達は特にアニメ・漫画好きというわけでもないですし、銀魂も名前は知ってるけど内容はよく知らない、というレベルです。

 

ではでは、感想といきましょう。

 

いつもどおり結論から申します。

 

「おもしろい!!面白いじゃないか銀魂!?」

 

漫画・アニメの実写化と聞くと皆さんも失敗が多い印象だと思いますが、「銀魂」は成功です。私的には実写化成功だなと感じたのは、「るろうに剣心」に次いで2作目ですね。銀魂の世界観が全く壊れてません。原作の空知英秋さんが、銀魂の実写化は難しいと思っていてずっと企画をいただいてもお断りしていたようですが、銀魂原作もラストに向かっており培ってきた歴史があるので今更実写化で失敗しても銀魂の世界観は壊れないと思ったのと、「HK 変態仮面」をうまく実写化された福田監督ならうまく表現しくれるかもしれないと思い、実写化をOKしたというストーリーをTVで以前見ました(王様のブランチだったかな??)。その決断は正解でしたよ!空知先生!!めちゃ面白かったです!ありがとうございます!!

 

ではでは、よかった点をまとめていきましょう。

 

 

ストーリー

 

もともと銀魂を見に行くつもりじゃなかったので、何にも前情報を調べずに行きました。なのでストーリーもよくわかってなかったのですが、高杉(堂本剛)が出るのは知っていたので、おそらく「紅桜編」だろうな、と思って見に行ったらそこは正解でした。やっぱりね、劇場版アニメも最初は紅桜編だったもんね。

最初、主軸がなく、ただ銀魂のギャグ要素を散りばめたストーリー性がない内容だったら嫌だなと思っていました。というのも私が提案で友達と見に行きましたが、友達は銀魂よく知らないので。知っている人間だけ笑えるネタのばかりだったら申し訳ないと思ってました。でも紅桜編だったので、内容としてもまとまってるので、原作知らない人でもわかりやすく見やすかったと思います。それに詳しくまではわからないまでも何となく人間関係がわかり、いい塩梅のキャラ紹介が合間に適度に入っており、とても見やすく作られてました。

 

 

キャラクター

 

なんといっても銀魂はキャラです。笑えるキャラ。そしてそのキャラが放つ面白いギャグ。でもこれは漫画です。漫画だから笑える。そんなの実写化して実際の人間がやっても笑えないよ。・・・と思ってました。謝ります。めちゃくちゃ面白かった。みんなの演技が凄い!!特に主要キャラの3人。

 

 

銀魂2

 

 

めっちゃうまい!しっかり演じられてる。特に驚いたのは“1000年に1人の逸材”の橋本環奈ちゃん。神楽ちゃんはムズかしそうだな〜、と思ってましたが見事に演じてました。ボケも「〜あるね」という独特な言葉遣いも全く違和感ない。お見事!めっちゃ面白かった。あとは、菅田将暉さんの新八もちゃんとはまってましたね。こちらは見る前から「いい配役!これははまる!」と思ってましたが期待通り、いいツッコミ!でした。そして主役の銀さん。さすがの小栗旬さんですね。演技うまい。ちゃんと銀さんを演じられてる。あのやる気のない感じのボケとツッコミ。完璧です。小栗旬さんはいろんな役演じてますからね。見てても演技の幅の広さを感じ、さすが!と思いました。

でもやっぱり一番は、橋本環奈ちゃんだな。今回でちょっとファンになりました(笑)

 

脇役系でいうと、岡田将生さんの桂も違和感なし。はまってた。あとは、長澤まさみさんの妙さんも良かった。吉沢亮さんの沖田もあってた。脇役でピカイチだったのは、武市変平太を演じられた佐藤二朗さん。さすがです!めちゃ面白かった!ちょっと残念だったのは菜々緒さんのまた子。んーーーーあってない!(笑)まあ、また子ですからねー。言葉もギャルっぽくて難しいよね。菜々緒さんの印象ともキャラが大分違って離れてるし。他がうまくははまってるからちょっと目立っちゃう(苦笑)

 

 

ギャグ

 

銀魂といえばギャグですね。ここはねバッチリ!冒頭からラストのエンドロールまで銀魂の世界観全快で面白い。劇場でも度々笑い声が聞こえました。私も笑ってましたよ♪銀魂ならではですね。本家も話の中でジャンプの名前出したり、漫画の中で漫画であることをあらわにしながら笑いをとったりしますが、実写も同様ですwネタバレを書いちゃうと面白くなくなっちゃうので書きませんが、他作品の登場人物を出したりとやりたい放題で銀魂らしい作品になってますw銀魂を知らない私の友人も笑ってました。映画を終わって感想を聞いてみたら、「映画館でこんな笑いながら見たのはじめてかも!面白かった!」と言っていました。

 

 

 

ということで、原作のファンの方にもオススメできます。とてもよいできでした。次回作ないかな?興行収入も順調なようですし、次回作もぜひ作ってほしい!!



コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

banner


ツイッターバナー

selected entries

archives

search this site.

mobile

qrcode

mail form