おすすめ記事

リゼロ スロット バナー
クリアファイルスタンド バナー



【ゲーム】『新サクラ大戦』予約しました(12/12発売)


新サクラ大戦

 

 

「新サクラ大戦」を予約しました。

『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』から14年ぶりのサクラ大戦シリーズの新作です。サクラ大戦は大変根強いファンも多いので、待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか?

とは、言ってもですね。実は私、サクラ大戦シリーズやったことないのです。そのことに関しては実はずっと後悔していました。なぜなら当時私はセガサターンを持っていたのです。基本、ほとんどのハード機を所持してたのでセガサターンもその一つです。しかし、セガサターンを持っていながらサクラ大戦はやらなかった。「やっとけばよかったなー、でも今更な〜。あ〜過去の自分にサクラ大戦買ってプレイしろ!と言いたい」って思ってました。ジャンルとしてもターン制の戦略シミュレーションで私が好きなジャンルなので尚更です。ちなみに今でもセガサターンは持ってますよw

サクラ大戦シリーズはやったことないですが、「檄! 帝国華撃団」は大好きです♪カラオケで歌ったりします。あと、サクラ大戦のスロットも好きですね。「サクラ大戦3」とかめっちゃ打ちました。余談ですが、スロットのサクラ大戦3は不具合機種で機械割にミスがあり、最低設定でも店側が収益が上がらないということで、販売のサミーも不具合を認め店舗に代替機交換と補償金まで用意したいわく付の台でした。

サクラ大戦のコンテンツ力は強く、ゲーム、アニメだけにとどまらず、舞台・ライブやスロットなどあらゆる形で人気を博したファンの多い作品です。

 

さて、話を戻し、今回の「新サクラ大戦」ですが、舞台は過去作から10年後の太正二十九年となっており、登場キャラクターも一部前作からのキャラもいますが一新されています。一新されているだけでなく、キャラクターデザインも今までの方でなく、なんと漫画『BLEACH』の作者である久保帯人さんが採用されています。私はブリーチのファンでして、ジャンプにかぶりついて読んでました。コミックも全巻持っております。サクラ大戦と言えばメインヒロイン(さくら)が和服に刀のイメージありますし、久保帯人さんはピッタリですね!他にもストーリー構成などスタッフに大幅な変更をされたようです。

この辺りが私の購入の決め手となりました。おそらく前作をやっているとより楽しめるのでしょうが、私のような新参者でも楽しめる作品になってるんじゃないかな?っと。

あとは、ゲーム性も変わっております。今までのターン制の戦略シミュレーションではなく、3Dのアクションゲームになっています。体験版がダウンロードできるので試しにやってみたのですが、私の印象では三國無双・戦国無双って感じでしょうか?簡単な□ボタンと△ボタンで連続攻撃でカッコいいいアクションが繰り出せます。体験版ではうまいこと操作できませんでしたが、ジャストのタイミングで押せば回避とかもできそうなアクションがありますね。体験版にはなかったですが、本編には「世界華撃団大戦」てのもあるようで、華撃団同士が競い合う3対3のバトルとなっています。面白そうです。

 

 

世界華撃団大戦

 

 

あと、サクラ大戦なのでバトルパートだけでなく、帝国華撃団隊員とコミュニケーションを深めてさまざまなイベントストーリーを楽しむ「アドベンチャーパート」あります。みんな可愛いキャラクターなので楽しいです♪個人的にはですねー、今回のキャラの中では「初穂」が好きです♪「初穂」と仲良くなりたいな♪

 

初穂

 

 

初穂

 

 

体験版をしましたが、サクラ大戦シリーズお馴染みのアニメのような次回予告演出もありましたよ。いいですね♪届くのが楽しみです。早くやりたい♪

ちなみに店舗特典も多数で、ホントはアニメイトのタペストリーや、あみあみのアクリルジオラマスタンドが欲しかったのですが私が動くのが遅く、もう予約締め切っていました。仕方ないので、楽天ブックスで湯飲みの特典付を買いましたw湯飲みですかwまあ、これまた「和」な感じいいですねwこちらもどんなのが届くのか楽しみです♪

 

 

 

 

 

新サクラ大戦

JUGEMテーマ:ゲーム






【スロット】廻るピングドラム 〜生存戦略したくて打った結果〜


私は只今絶賛、養分思考!!

仕事も忙しく、ストレスが溜まっているため、「好きな台を打って発散したい!!」と思い店に行きます。なので、勝ちに拘りません。好きな台を楽しく打てれば良いという、THE養分。

 

今回の機種は「廻るピングドラム」。ジャグラーでお馴染みの北電子さんの台です。ARTの『生存戦略』もとい『デスティニータイム』がやりたくて♪

先日のバーストエンジェル同様にもう設置店舗が少なくなってしまった台です。ただ、ARTのゲーム性は面白く大変楽しい台です。これからメイン機種のバジ絆やハーデスなどが撤去されてスペースに空きができると思いますし、まだ認定切れまでしばらくあるのでバラエティーコーナーにもっと入れてくれる店舗増えてくれないかな〜。そういえば「ピングドラム」はスロパチステーションのいそまるさんが秋葉原のアイランド(だったよね?)で、実践してわけわからないぐらいフリーズしてる動画がありましたね。あれは恐ろしいヒキでしたw見てて面白かったですが、台が壊れてるんじゃないかと思いました。あんな「ピングドラム」打ちたいなーw

 

ということで設置店舗を調べ、打ちに行ってきました〜。

 

 

 

 

はい、無事確保。

さて、今更説明する台でもないですが、通常時は「ピングドラムチャンス」というボーナス当選を目指します。そしてそのボーナスを経由してARTを当てます。バジ絆に似ており、このボーナスのスルー回数(ART非当選)に天井があり、最大で10回スルーでART確定となります。また、ART当選の契機としてはCZもあります。「運命の至る場所」、「すりつぶしチャンス」の2種類のCZがあります。「すりつぶしチャンス」の方が上位CZとなっています。

 

 

 

 

開始62ゲーム、ボーナス当選です。

異色ボーナスですね。同色の方がART期待度があがります。

幸先の良いスタートです。ピングドラムチャンスの当選確率には設定差があります。設定1で1/180.0、設定6で1/158.3。まあ、今回はピングドラムのARTを楽しむのが目的なので正直設定なんて気にしてないですが。それに初めて来たお店さんですが、お客さんも少なく、その中でも人が少ないバラエティーコーナーの1台に設定が入っているとも思えませんし。このボーナスではARTには入りませんでした。

 

 

 

 

「運命の至る場所」は15ゲーム間続く自力チャンスゾーン。毎ゲームステージアップ抽選を行い、背景の色が変わるほどART「生存戦略」のチャンスとなります。ステージの色が、「青で約5%」、「黄で約10%」、「緑で約37%」、「赤で約80%」、「金で確定」となっています。15ゲーム打った後に演出が入り、ジャッジとなります。「運命の至る場所」全体での期待度は約25%となっています。また、CZ中にボーナスを引けばARTが確定します。

 

 

 

 

今回はステージ黄色止まり、ARTは当選しませんでした。

その後も打ち続けて、高確のレア役から・・・。

 

 

 

 

 

異色のピングドラムチャンス確定です!

ゲーム数は・・・・。

 

 

 

 

 

685ゲーム!!!?

 

設定1でも1/180のはずなんだけど・・・。ハマりすぎでしょ。実は先ほどのCZに入った時も既に507ゲームでした。最初に天井の話をしましたが、天井はピングドラムチャンスのスルー回数であり、ゲーム数ではありません。なので、ハマりだしたらどこまでもハマります。。。もちろんART当選はなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

次の当たりは178ゲーム。カットインが来るもART当選は無し。

 

 

 

 

2度目のCZ「運命の至る場所」。

 

 

 

 

ステージは青。絶望的。まあ、5%はあるんですが。

もちろんART当選は無し。

その後・・・。

 

 

 

 

珍しー!レインボーの通行人演出!

異色ボーナスの当選です!

そのゲーム数は・・・。

 

 

 

 

 

ナニコレ?

 

 

うそでしょ。ハマり過ぎだよ。。。

これ今日ARTできるのかな?めっちゃ投資が凄いことになってるんですが・・・。

もう一度設定の話をすると、ボーナス確率は。

 

 設定1:1/180.0

 設定2:1/170.7

 設定3:1/180.0

 設定4:1/163.8

 設定5:1/170.7

 設定6:1/158.3

 

ですよ。。。

なのに700ハマり弱したかと思ったら、次は900弱ハマりですか。そんな台だっけ?いやいやいやいやいや、そんな台じゃないよ!壊れてんじゃねーの?そして、当然の如くこのボーナスでのART当選はなし。

ARTやって遊びたいだけなのに・・・。

もちろんこのボーナスで当たりはなし。

 

マズイ。

このペースで当ててたら財布の中が空になってもART入らないのでは??

 

 

 

 

 

 

次の当たりは75ゲーム。これぐらいで当たっていってくれないと・・・。

 

 

 

 

 

せっかくチャンスゾーンに行っても青ステージ。これじゃあ当たらないなー。

 

 

 

 

85ゲームで当選。スルー。

これで6スルー。7スルーに天井があって熱いところ。それを超えたら10スルーかなー。既に投資5万超えてるんですが・・・。10スルーまでは足りないよ。

 

ピングドラムチャンス抜けてから9ゲーム後

 

 

 

 

来た!上位のCZの「すりつぶしチャンス」

ここだ!ここしかない!ここで入れるしかないぞ!

 

 

 

 

確立は51%まで来た。1/2だ。1/2を取れればいいの!

どこで抽選しているのか知らないけど、ここで気合を入れてレバーを叩く!!

 

 

・・・・。

 

 

・・・。

 

 

・・。

 

 

 

 

 

やったーーーーーーー!

 

ARTだーーー!今日の目標達成!

これでデスティニータイムができるぞ。長かった〜。

 

 

 

 

デスティニータイムはARTのファーストステージ。リプレイが7連続するまで継続する自力感満載のART。兎に角、押し順ベルとレア役を引くレバーを7ゲーム間で引き続ければ終わらない!これが面白い!かつ継続、押し順ベル、レア役を引けば左のロケットが上昇していき、一番上まで行けば「リンゴ」をゲット。リンゴは生存戦略のARTゲーム数(セット)終了後にリンゴチャレンジという引き戻ゾーンに行くので、リンゴの数だけART継続抽選を受けられます。簡単に言うと、北斗転生の勝負魂。さらにこのロケット、6週目まで行けば金のリンゴが出てきて、5個以上ストックするなど。ここで自分の引きを見せれば大量獲得でロングARTが楽しめる。というかピングドラムの勝負どころは完全にこのデスティニータイムに集約されてます!!

 

 

さてさて、私の結果は。

 

 

 

 

 

ちーん。。。

 

 

リンゴ1個・・・。

下手くそ。あんなに苦労して入れたARTなのに。

 

 

 

 

 

なんとか1セットは継続させたものの、2セットで終了。

獲得246枚。

これで終わってしまうのか・・・。

 

 

 

 

・・・7ゲーム後。

 

 

 

 

緑ステージまで上げたぞー。

これでは終われない!なんとかもう1度我にチャンスを!!

 

 

 

 

タイトル赤!!

これはいける。頼む!!!!

 

 

 

・・・・。

 

 

・・・。

 

 

・・。

 

 

 

 

 

よっしゃーーーーー!

まだやれる!こんなので終われるかーーー(笑)

 

 

 

 

 

今回は順調に継続し。

 

 

 

 

おし!金まであと1個!

 

 

 

 

ベルキター!!

 

 

 

 

 

 

 

トータル10個獲得。上出来上出来♪

やっぱデスティニータイムの7ゲームはひりつくしめちゃ面白い!これだよー、このARTがやりたかったの。随分と投資はかかってしまいましたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は順調にボーナスも引きつつ、継続し、またデスティニータイムにもボーナスに入れ、順調順調。その後、トータル13個持った状態で油断しきっていたらなんと次のリンゴチャレンジで13個全部使いきって終了。完全に油断した。ART終了後またCZの「運命の至る場所」に入るも、ARTは当選せず、実践終了〜〜〜。

 

最終的には

 

 投資:53,000円

 回収:16,400円

 収支:-36,600円

 

 

 

 

まあ、負けましたが良しとしましょう。

目的のARTは十分楽しめたので。最初はどーなることかと思ったけど、楽しく打つことができて良かった♪まだ、撤去までは期間あるので機会があったら打ちたいな〜。

全国のホールさん!是非、ピングドラムをバラエティコーナーに1台置いてください!(笑)

 

さて、次回打つ台は実は決めてます。

次の台は、「ゆゆゆ」です♪

 

次回

『【スロット】 結城友奈は勇者である 〜勇者ボーナスを引きたくて打った結果〜』

 

 

 

 

JUGEMテーマ:パチンコ パチスロ






【漫画】オカルトちゃんは語れない(1) 感想 <2巻発売日:12月20日>


ここ最近、引っ越しもあり生活環境も変わりましたし、仕事の内容も職場環境も変わったので(かつクソ忙しい)、落ち着く余裕がなかったのですが、ふとした時にある忘れてしまっていたことに気づきました。

とある休日に自分の家のコミックを入れている本棚を見ていた時のことです。「あーそういえば去年は自分の好きな漫画がいっぱい最終巻を迎えてしまったんだよなー」とボケーっと眺めていたのですが・・・。

 

・・・ん??

あれ??そういえば最近コミック全然買って無くね!?

終わってない漫画いっぱいあんじゃん!!

 

と思い本棚見ながら、スマホでペコペコ調べていたら、まあ出てくるわ出てくるわ、買って読んでるのに新刊を未購入の本達。しかも1つの漫画で数巻単位で。

 

ということでAmazonで買いまくりました。最近仕事も忙しく、心身共に疲れ切っているので、休みの日も無気力状態で家でぼーっとしていることが多く、楽しみがなかったのですが、久々に家でゴロゴロしながら好きな漫画を読み漁るという楽しさを思い出しました(笑)

その中の1冊の話を今回はしようと思います。

 

 

亜人ちゃんは語りたい

 

アニメ化もされましたね。「亜人」と書いて「デミ」と読むんですよ。(あ、ちなみに紹介したい本はこれではありません)

コミック買ってるのですがこちらも最新刊(7巻)を買い忘れておりました。なので速攻で買い、届いたら一気に読みました!ただ、7巻ラストの続きがスゲー気になる!!めちゃくちゃ気になる!なんてとこで終わらせるんだ!!

「亜人ちゃんは語りたい」は最初はデミちゃんが可愛く登場し、その特徴を紹介しつつデミちゃん同志の可愛らしい日常を描く物語でしたが、巻が進むにつれて「亜人」というものの不思議性をいろいろ考えさせるストーリーになってきましたね(元々そういったストーリーでしたが話が進むにつれより濃くなっていってると思います)。個人的にはこういった変化を伴うパターンを好まないのですが(日常系だった漫画がシリアス展開とか人間関係の問題とかに発展していって方向性が変わって好きじゃなくなってしまった漫画が多数あるので・・・)、こと「亜人ちゃんは語りたい」に関しては良い感じに変化していると思う。日常系要素も残しつつ「亜人」の不思議要素は興味をそそられるので、読んでて先が気になるしなにより面白い!

 

そんなことをしみじみ感じながら、続きが気になるなーと思いつつ7巻を閉じた時。

目に留まったのは帯。

『亜人ちゃん&オカルトちゃんを両方買って当てよう!!』

2冊買うとオリジナルちびキャラ缶バッジに応募できるというキャンペーンでした。既に締め切りは6月末と過ぎており、残念ではあるのですが、それよりも・・・。

 

「オカルトちゃん」ってなんだ??

 

あれ?そういえば今閉じる前に・・・と思いもう一度本を開き、中に挟んである広告チラシを見たら・・・

 

『亜人ちゃんは語りたい』公式スピンオフ誕生!!

オカルトちゃんは語れない

 

なんと!?スピンオフできとる!!

陽子とざしこが主人公のスピンオフ作品です。ペトス先生監修の原作:橋本 カヱ先生、漫画:本多 創先生による「見える人」の高橋陽子が遭遇するいろいろなオカルト(怪奇現象)の裏に隠れた、知られざる亜人の正体を暴いて解決していく物語となっております。

早速速攻で購入。

で、読んでみて感想ですが、めちゃ面白い!

ただ、一点だけより面白く見るためには、やはりスピンオフなので「亜人ちゃんは語りたい」を読んだうえで読むことを強くお勧めします。せめて、陽子とざしこについて語られる6巻までは読んでほしい。そうすると陽子の性質も分かり、更にある程度「亜人」に対しても理解した上で読めるのでかなり面白く読めると思います。

また、「語れない」というタイトルもいいですね。陽子の能力の話なので、なかなか自分からは意思疎通がうまくできない亜人(霊)が出てくるのですが、そこを陽子が自らの能力を活かし、想いを橋渡しして人に繋げていくので、感動もできるストーリーとなっています。そして1巻のラストも大変続きが気になるところで終わります。。。

 

お前もか!?

本家と揃いも揃ってこんな続きが気になる中途半端なところでやめるでない!(笑)

続きが気になるようなところで終わらせようが終わらせまいがちゃんとファンは次の巻が出たら買うからもっとすっきりしたところで区切ってくれ!!(今まで買い忘れてた奴が何言ってるんだ、という話ではありますが)

 

 

ただ、「オカルトちゃん」を読んで思いましたが、こうなってくると「亜人」という種類は奥が深いというか、もはや生死を超越した存在まで出てきだしたので、全てを「亜人」という括りでカテゴリしていいのかっていうぐらい広い話になってきましたね〜。まるで化物語の「怪異」みたいな存在ですね。

なにはともあれ「亜人ちゃんは語りたい」も「オカルトちゃんは語れない」も超おすすめの漫画で、今後の展開も楽しみな内容です。是非、読んでいただきたい作品です。「亜人ちゃんは語りたい」のアニメを見た人は、「オカルトちゃんは語れない」を読んでも楽しめるのかな?ただ、私アニメの方は見てないので、陽子とざしこの話まで出てるのか知らないんですよねー。。。このブログでも何回か言ってると思いますが、基本マンガで読んでいる作品はアニメ化されても見ないので。見るとどうしても声とかマンガで読んでいた時のイメージと違うから違和感があるじゃないですか。ただ、アニメって見てると徐々にその違和感なくなっていくんですよね。その感覚が嫌いなんですよ。「あれ?もとはどんな声イメージしてたんだっけ?あれ思い出せない。なんか自分の感覚が浸食されたみたいで悲しい、嫌だ!元に戻して!!」って思っちゃうんですよねー。・・・変人ですね・・・。

 

話がそれましたが「オカルトちゃんは語れない」は2巻が12月20日に発売されるようなので、続きも読めますし楽しみです♪

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ




calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

banner


ツイッターバナー

selected entries

archives

recent comment

search this site.

mobile

qrcode

mail form

advertisement