【3Dプリンタ】水やり当番ノズル 〜盆栽に自動で水やり〜



最近、私は盆栽を買いました。前から興味あったんです。それで購入したのは桜の盆栽です。春に自分の盆栽に桜が咲いて、家で花見ができるなんて素敵じゃないですかき種類的には一才桜(旭山桜)というのですが、幸いなことに初心者向けな盆栽のようです。

 

 

 

 

 

 

さてさて、盆栽というのは当たり前ではありますが水やりが重要になるそうです。春・秋は1日1回(できれば午前中)。夏は1日2回(朝と夕方)。冬は2〜3日に1回(できれば午前中)。水はできるだけ毎日同じ時間にあげると樹も慣れていいようです。樹もやっぱり生き物なんですね。人間もご飯の時間を毎日コロコロ変えられると困りますからね。

よく水をあげすぎると根が腐るという話を聞きますが、そんなことはないようです。水で腐るのはその前に水切れを起こした場合のようです。水切れすると根の先端にある毛細根なるものが傷みます。この毛細根が水を吸い上げるのですが、傷むと水を吸い上げることができなくなります。その後に、水を切らしてしまったと思い、大量に水を与えると根が吸い上げることができず、水に浸かった(飽和した)状態になり、根が腐るということらしいです。ですので、水を切らすことなく与え、毛細根を守ってあげれば根腐れを起こすことはないわけです。

しかしこれは困った。お盆、正月は私も実家に帰るようにしています。つまりは長く家を空けます。水やりなんてできない。ましてや夏場は1日2回上げないといけない。なのに1週間ほどカラッカラな状態にしてしまうことになります。

そこで買ったのがコレです。

 

 

 

 

 

毛細血管現象を利用した自動水やりの「水やり当番」です。毛細血管現象とは細い管状物体の内側の液体が管の中を上昇する物理現象ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

このイラストのように、水のタンク(イラストの場合はペットボトル)を供給源に水やり当番の先端を土に刺せば、水を自動に供給してくれます。先端は陶磁器(素焼き)になっており、ジワジワ水がしみ込んでいくので長い時間水を自動で供給してくれます。本当はジョウロでジャバジャバ水を葉の上から与えた方が、盆栽にとっては良いようですが、ないよりは遥かにマシでしょう。

 

ただ・・・。

 

太いな先端。。。

こんなん刺したら盆栽の土に大きな穴が開く。水やりは大事だけど、見た目がひどくなる。ということで・・・。

 

3Dプリンタの出番です!

 

水やり当番の先端に取り付けるノズルを作りましょう。陶磁器の先端部分をノギスで測ってそこにハマるように設計します。それで刺しても問題ないぐらいの径の先端を作ってそこに穴を通しましょう。

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。いい感じじゃないですか?

 

 

 

 

 

 

出力!ええ感じですね〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はめてみるとこんな感じ。では早速刺してみます。

 

 

 

 

 

 

うん、悪くない。これでしばらく様子見ですね。

1日放置・・・。

さ、状況を見てみましょう。水を与えてるタンクは100均のダイソーで買ってきました。蓋つきで300円しましたが。20L以上の水が入ります。実は3Dプリンタで作ったノズルをセットする前に「水やり当番」のみでテストしていました。そこで気づいたこと。ノズルをつける前と比較して、水の減り具合が遅い。っていうかほとんど減ってない。これはノズルの穴が小さすぎましたね。水がほとんどはけないのでしょう。変更です。穴を増やして水の通り道を増やします。

 

 

 

 

 

 

再度装着。

そして1日放置・・・。

結果。おー水の減り具合が増えました。ノズルなしの時と比べると幾分かまだ少ないですが、まあいいでしょう。これでいってみよう。これで外出時も水切れが起きませんように!がんばれ盆栽!!



3Dプリンタを買ってみた



3Dプリンタ買いました。買ったプリンタは「XYZプリンティングジャパン」の「ダヴィンチ 1.0 Pro」です。ずっと欲しかったので買って家に届いたときはかなりテンションあがりました(笑)

 

届いたのはこんな感じです。

 

 

 

ダヴィンチ 1.0 Pro

 

 

 

デケー!!

 

私の家は玄関を入ったらまず階段というスタイルの家なんですが、抱えて階段上るの大変だった。落としたらどうしよう、絶対壊れると思いながら必死に上りました。。。

 

 

 

ダヴィンチ 1.0 Pro

 

 

 

中を開けて梱包を解いたらこんな感じです。3Dプリンタのためにプリンタラックを買ったのですが、ギリギリ載りました。あぶない。ちゃんとサイズ調べずに買ってた。載らなかったらまた無駄金を使うところだった。

 

さてさて、起動です。マニュアルに従って立ち上げていきます。テーブルの水平を出す(キャリブレーション)もやります。「ダヴィンチ 1.0 Pro」はステージの四隅の高さを測定し、自動で調整値を出してくれる機能があります。その調整値に合わせて、指示通りの数字でステージの下にあるダイヤルを回せば良いだけです。便利!!

さてさてキャリブレーションです。

 

・・・・。

予想外、、、手こずる。。。

あれ?

 

指示通り回して、再測定すると「まだあってないよ」と3Dプリンタから言われるので、指示通りまたダイヤルを回して、再測定。そしたら「まだあってないよ」と3Dプリンタが言うので、指示通りまたダイヤルを回して、再測定。そしたら「まだあってないよ」と・・・('Д')

おいおい、いつまでやるんだよ!

あれ〜〜?

まあいいか、もうキャリブレーションの設定はいいや。動かしちゃえ、でもノズルを各所動かして、テーブルに干渉(ぶつからない)のは確認。いきなりノズルとステージがぶつかって壊れたらシャレにならないので。

当たり前ですが、水平が出ていないとその分精度が悪くなります。ステージの各所高さが変わるんですから。でもね。早く出力してるところが見たい!!

 

ということで、付属でついてきた純正フィラメントのカートリッジをロード(セット)します。あれ??ネットの購入者の人の書き込みだと最初についてくるフィラメントは黄色だったと書いてる人がいたのですが、白色のフィラメントがついてました。普通だ。ま、あとで色塗る意味でも白が一番ベストなんだろうけど。でも、黄色がついてくると思ってたから黄色のフィラメント買ってないや。黄色のフィラメントも買っとけばよかった。(3Dプリンタ買う前に材料のフィラメントを先に買うという、相変わらずズレた行動をしている私です(笑))

 

さてさて、「ダヴィンチ 1.0 Pro」には内臓でサンプルデータを3つ持ってます。出力してみよ〜。

 

ということで出てきたのがこれです。

 

 

 

3Dプリンタ サンプル

 

 

 

おー!3Dプリンタっぽい(笑)凄い凄い!楽しい♪

でもなんかガクガクしてますね。やっぱりキャリブレーションをさぼったせいですね。あとは印刷のピッチ幅と速度かな。サンプルデータ印字は速度とか弄れなかったのですが、サンプルでなく普通に印字するときはいろいろパラメータを変えて印刷できるようです。その中に出力の速度としてノズルが各動きをするスピードの設定を変えられます。これまた当たり前ですが、速度は遅いほうが品質は綺麗です。ただ、その分時間は凄くかかりますがね。この辺はいろいろ試しながらですね〜。最初のうちは品質に関わりそうな速度パラメータは最低速で設定するつもりです。

 

 

3Dプリンタ選びで「ダヴィンチ 1.0 Pro」を選んだ理由ですが・・・

 

,縫ャリブレーションや上記の設定が充実していること。

 

△PLAとABSの2種類のフィラメントを使えること。私はやるならABSで作りたいと思っていたので。

 

に囲いがあり、組立式でなく完成形で届くこと、3Dプリンタの造形は熱が命です。オープンな環境だと熱ムラが発生し安定した出力ができません。なのでボックスで囲われいるのがベター。それと精度よく組み立てる自信が正直なかったので組みあがった状態で売ってること。

そして、

 

い暴秬気任覆ぢ昭劵侫ラメント(サードパーティフィラメント)が使えること。やはり気になるのはコスト。3Dプリンタはフィラメントを消費して作るわけです。その材料費というのは重要。安いフィラメントは世の中にありますが、3Dプリンタの方が純正以外拒否された設計だと使えません。でも、「ダヴィンチ 1.0 Pro」はサードパーティ製のフィラメントの使用に対応しているのです。ま、純正じゃないフィラメント使ってノズルが詰まって壊れました、とかなっても保証対象外ですけどね。

 

さて、ということで購入1日目にしてサードパーティ製のフィラメントに挑戦です。楽天で、オレンジとピンクのフィラメントを買っていました。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】3Dプリンター用フィラメント ABS!
価格:1995円(税込、送料別) (2017/10/9時点)

 

 

 

 

↑コレです。

 

 

評価が高いので使えるのではないかと。

早速サンプルデータで印刷してみて純正と出来を比較してみましょう。

・・・あれ??印刷できない。

どうやら内臓のサンプルデータはサードパーティ製のフィラメントでは印刷できないようです。おそらくですが、純正のカートリッジには底を見るとチップがついてます。たぶんここには材料の情報と使用状況(いまどれぐらい使ったか)が入ってあるのでしょう。家庭のインクジェットプリンタのインクカートリッジと一緒ですね。サードパーティ製のフィラメントはカートリッジなんてないので、上から直接ノズルに供給します。そうすると材料の情報がわからないので、サンプルデータを使えないようになってるのでしょう。3Dプリンタは「これは、PLA?ABS?何がセットされてるの?わかんない」って状態なんですね。

PCから情報を設定して送ってあげれば作れるということです。

 

さて、しょーがないぶっつけ本番と行きましょう。まずはキャリブレーションのやり直し。でも自動はさっき疲れたので手作業で行います。ステージに水平器を置いて確認しながらやります。

 

OK。OK。

 

3Dデータは、オートデスクの「Fusion 360」を使います。企業でなく個人使用(商業目的でない)ならば無料なのです。ちょーありがたい。さらに私はオートデスクの2DCADの「AutoCAD」の愛用者です。学生の頃に「AutoCAD」でCADを学んだので。なので操作も2Dと近く使いやすい♪

 

さて最初に作るのはサードパーティ製のフィラメント用のホルダーです。サードパーティ製のフィラメントはカートリッジ等はないので、供給のためにホルダーを用意する必要があります。ホルダーでグルグル回して供給するのです。そのために私はコンベア用のローラーを用意しました。ベアリングでもよかったのですが、見た目的にこっちのほうが好きなので。

 

 

 

パイプローラ

 

 

 

ローラーでけ。。。

なんでも安全見てでかく設計してしまう私の悪い癖です。図面上で設計するときは「こんなもん!」と思ってざっくりとやるのですが、実物見てデカイ!ってなる。仕事でも・・・。反省・・・。

ま、いっかこれでも作れるし。

 

ではさっそく3Dプリンタで部品作成です。オレンジで作ります。

 

 

 

3Dプリンタ 出力

 

 

 

 

出力!

なんだ綺麗にできるじゃないか!!品質完璧!ほぼ純正と設定を変えずに出力できた。素晴らしい!

では、これをローラーと合体させて。

 

 

 

フィラメントホルダー

 

 

 

 

完成!!

 

 

 

フィラメントホルダー

 

 

 

フィラメント載せるとこんな感じ。完璧!

3Dプリンタちょー楽しい!買ってよかった。これから3Dプリンタライフを楽しもうと思います♪




calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

categories

banner


ツイッターバナー

selected entries

archives

search this site.

mobile

qrcode

mail form