おすすめ記事

リゼロ スロット バナー
クリアファイルスタンド バナー



【ゲーム】「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」を見てきました(感想)


 

『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』

 

見てきました!

知ってます?

 

 

 

 

 

 

 

 

「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」って何?

 

 

 

凄く簡単に言ってしまうと「舞台」です。

 

公演日程:7月22日〜8月31日

会場:さいたまスーパーアリーナ

   他4会場(福岡、 名古屋、大阪、横浜)

 

ベースは有名RPGゲームである

ドラゴンクエスト シリーズの

「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

がベースとなっています。

オルデガと呼ばれる勇者の息子である主人公が、

父の遺志をついで、

アリアハンという王国から

魔王バラモスを倒すために、

旅に出るところから話が始まります。

 

ドラクエ靴ベースと言いましたが、

その仲間たちは

他のドラクエからも参戦してます。

 

メインキャラクターは、

 ・勇者(ドラクエ掘

 ・アリーナ(ドラクエ検

 ・パノン(ドラクエ検

 ・テリー(ドラクエ此

 ・ヤンガス(ドラクエ次

 

この5人。

ドラクエ好きな人なら

よく知ってるキャラクター達ですね。

 

他にも、

トルネコ、クリフト、マーニャとミネア

ビアンカやフローラ、

各作品の主人公たちが出てきます!

 

演じている人もなかなか豪華で、

アリーナはしょこたんこと中川翔子さんが、

テリーは風間俊介さん、

トルネコは芋洗坂係長さん

なんかが演じられております。

 

しょこたん凄かったですよ!

アクションめちゃくちゃ頑張ってました!

この舞台はワイヤーアクションが

非常に多いので、

練習大変だったと思います。

特にアリーナは武道家ですからね。

(みため魔法使いみたいですがw)

「せいけんづき」や「ばくれつけん」など

アクションを凄く練習されたんだと思います。

しょこたん凄くかっこよかったです!



▲目次にもどる

 

 

 

 

 

「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」って何が凄いの?

 

 

 

先にも述べました通り、

ワイヤーアクションや

ドラクエの技を絡めた

アクロバティックなパフォーマンスなど

これらも凄いのですが、

一番この舞台で凄いのは

天井からつるされた短冊のようなスクリーン。

 

天井から短冊状の布のようなものが

吊るされているのですが、

その布1枚1枚が

ビデオマッピングの技術でスクリーンになります。

それで、その布のようなものは多少透けているので

その向こう側でアクションをする

キャラクター(演技者)が

まるでスクリーンの中の敵と

闘っているように見えます。

また、

ステージが凄い!

中央にメインステージ、

その両脇にサブステージがあるんですが、

演技者をのせたまま、

ステージがせり上がった、

下に沈んだりと、

自在にステージが動きます。

 

あと出てくるモンスターたちも

見てて凄く可愛いです♪

やはりドラクエの推しは

いろんなモンスターたち。

スライムはもちろん、

他にも馴染み深い

マドハンドやおばけキノコ、

バーサーカーやボストロールなどなど

いろいろ出てきます。

意外にも「あくましんかん」とか

可愛かったですw

個人的に一番気に入ったのは

これまた意外ですが「どろにんぎょう」

可愛かったw

最後の舞台(物語)が終わった後の

登場キャラクターたちの紹介の時に

客席近くを歩くのですが、

手を振ったら、

振り返してくれましたw

その姿が可愛くてw



▲目次にもどる

 

 

 

 

 

 

実際に見てみての感想は?

 

 

 

まあ、

今までの中で結構感想も述べてますが、

見ての感想を語ると・・・

 

実はちょっと残念。

 

何かというと、

この舞台の推しは、

吊るされた短冊状の

巨大スクリーンだと言いました。

 

これがね、ほとんど見えないのw

 

場所はさいたまスーパーアリーナだったんですが、

ステージが3つ

中央にメインと両脇にサブあり、

それを囲うように観客席(アリーナ&スタンド席)があります。

そして、

メインのステージを挟むように

スクリーンが吊るされているのです。

で、

私が見た観客席はメインを

横から見たスタンド席。

そうです。

吊るされた短冊のスクリーンを

横から見ているのです。

スクリーンの映像なんて見えないw

一応、

メインに反して(十字になる形で)

横向きのスクリーンもあり、

そちらは見えるのですが、

やはり舞台の演出上、

多く映像が使われるのは

メインのスクリーン。

それが見えないのは、

ちょっと面白さ半減です。

 

おそらくですが、

私の感覚的に、

一番楽しめる形で、

舞台を見れたのは

全体の30〜40%程度の観客ではないでしょうか?

 

本来なら舞台というのは、

一番前の出演者が間近で見れる席(アリーナ席)が

最もいいのでしょうけど、

この舞台の場合はそこもNGです。

なぜなら

上空から吊るされている

スクリーンの全貌なんて見上げても

満足に見えないですし、

先ほど言ったように、

ステージ全体がせり上がったり、

沈んだり動くんですが、

上がってしまうと

たぶん一番前の席の人たちは見えませんw

 

ベストポジションは、

メインを正面から見られる、

スタンド席の中段ぐらいの位置。

そこがベストです。

っていうかそこじゃないと100%楽しめないw

 

演出であったり、

キャラクターやモンスターなど。

まさしくドラクエの世界観をそんまま活かしており

素晴らしかったのですが、

奈何せん席の位置取りで見えなくなるのが痛いw

 

まあ、

新たな取り組みなんで

そこは改善の余地ありなんでしょうが・・・。

(チケット安くないんだけどなーw)

今回のような演出を生かすには、

舞台を囲むように観客席を考えるのではなく、

映画館のような完全な劇場型のところで、

客が一方向からしか見ることのない状況に

セッティングにした方がいいと思います。

 

個人的には、

ストーリーも1作品に絞っても

面白いかと思ったのですが、

例えば、

ドラクエ困慮犬梁臙呂瞭睛討如

登場人物も原作と同じで

ゲームのストーリーを再現するような・・・

って思ったは思ったのですが、

それって万人受けしませんかねw

ドラクエシリーズ全部知ってる人なんて

そんなにいないでしょうし、

絞っちゃうとその作品知らない人には

知らないキャラばかりになってしまうので

お客さん集まらないですかねw

今回のように、

各作品からキャラ集めて、

オリジナルストーリーを

ちょっと交えながらやった方が

万人受けするかもしれませんね。

 

舞台の内容的にも結構面白かったので

これで終わりにせず、

いろいろ改善して

またやってもらえると嬉しいです。

 

「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー2」

を待ってますw



▲目次にもどる

 

 






【ゲーム】War and Order(スマホ アプリゲーム)


 

友人に誘われて、

「War and Order」というゲームを始めました。

 

ジャンル的には、

リアルタイムシミュレーションでしょうか。

以前やっていた、

ガンコン(ガンダムコンクエスト)に似てます。

面白そうです。

 

ただ、日本人のプレイヤーさんはまだ少ないですね。

あ、ゲーム内は日本語化されてますよ。

ところどころちょい日本語がおかしいですがw

それはスマホゲームのご愛敬ですね♪

まあ意味がわからないわけではないです。

例えば、

部隊が目的地に着いたら、

「部隊が既に目的地に着きました」

というメッセージがでますw

「既に」?w

いや別にもう1回指示出したわけじゃないよw

てな程度。

なのでプレイするのに支障は全くないです。

 

ただ、日本語のマニュアル(ヘルプ)を探すんですが

それは見当たらないのでちょっと不便です。

まあ、チュートリアルみたいなのはあるので

後は探り探りいけますが。

 

いつ開始したゲームかわかりませんが、

プレイヤーのレベル等を見ると桁違いに高い人いないから

始まったばかりなのかな?

そして攻略wikiもまだ無さそうです。

 

内容は、

自分の領地に施設を建てて、

強化していき、

歩兵や騎士、弓兵や魔道士といった兵を

生産して他のプレイヤーの領地に攻め込みます。

同盟を組むと、

同盟内で攻め込むときに仲間同士で兵を出し合って、

敵の領地を攻めたり、

仲間が攻められたときは、

自分の兵を仲間の領地に送り込んで守ったりできます。

全部リアルタイムに事が進みます。

まさしくガンコンに似てますね。

 

ちなみに、

私はリアルタイムシミュレーションゲーム大好きです。

この手のゲームを気に入ったのは、

昔スーファミ(スーパーファミコン)であった、

「バトルコマンダー 八武衆、修羅の兵法」

が原点です。

知ってる人なんてほぼいないですよねw

大好きだったのです!このゲーム!

発売が1991年。

実はそれから20年経っても好きで遊んでました♪

でもこのゲーム知ってる人にあったことないw

リアルタイムシミュレーションゲームの

システムの面白さに感動しました。

 

それが今はスマホで手軽に、

しかもオンラインで他のプレイヤーと遊べますからね。

恐ろしい時代です!w

時代の変化が恐い恐い。

 

ちなみに話を「War and Order」に戻しますと、

1点だけ「お、これは大変」と思ったのが、

設備を建てたり、設備のレベルを上げる

建設隊列というのがいるのですが、

これが標準で1隊しかいない。

最初はいいけど、

進めていくと

設備強化に数十時間〜数日掛かったりすると、

他の強化が一切できず不便。

例えば、

「お城」を強化する条件に「城壁」と「倉庫」の

レベルアップがあったりするのですが、

各レベルアップに凄い時間がかかるので、

「城壁」→「倉庫」→「お城」と強化するのに

数日必要になる。

それ以外にも兵を生産する設備とか、

技術を研究する設備とかあるから

そっちも上げようとするともっと時間かかる。

で、

その建設隊列を1つ増やす方法が、

ゲーム内の宝石で買えるアイテムで

1日(24h)限定で1部隊増やせます。

宝石と言うのは課金して買えるアイテム。

パズドラで言うとこの魔法石ですね。

 

これは厳しいw

施設成長しないと戦力になれない。

ただ序盤は当たり前ですが

ガンガン強化できるので困りません。

私も今は困ってません。

ただそのうち困るんだろうなーとは思ってますw

 

唯一救いなのが宝石が意外と課金しなくても

多少手に入ること、

これはありがたい。

 

まあ、

まださわりしかやってないですが、

面白そうなゲームなのでオススメです!






【ゲーム】ファイナルファンタジーXV 同梱版出てほしかった。。。


 

もうすぐだなー。

「FINAL FANTASY XV 」

9月30日発売です。

あと2ヶ月を切りました。

 

FFは歴代全部やってきました。

まあ初期の頃は「やってきた」でなく、

「見てきた」ですが。

うちは父もゲーマーだったので、

私が生まれる前から家にはTVゲームがありました。

当時はファミコンですね。

 

で、父はFFもドラクエも全作やってたので、

小さい頃から父の帰りを楽しみにしていたものです。

父の仕事はSEで、

めちゃくちゃ忙しく帰りも遅かったのですが、

毎日夜中に帰ってきた父が夕飯を食べてる横で、

「ねね、まだやらないの?」とせかし、

父がFFを始め、深夜までゲームしてるのを

横で眠い目を擦りながらよく見ていました。

自分で言うのも変ですが、

昔の私は可愛い子供でしたね。

勝手にやると怒られるから、

律儀に父の帰りを待って、

夕飯を食べ終わるのを横に座って待ってたのですw

 

で、

自分でやりだしたのはいつ頃からでしょうか?

FF垢阿蕕い任靴腓Δ?

 

FF擦箸は感動しました!

クラウドがバイクに乗って

神羅ビルを脱出する時のムービー。

あれを見たときは大感動でしたよ。かっこよかった♪

あの感動はファミコンをやってきた世代だからこその

感動ですよねw

今の子に見せたら「ショボ」って言われそうですがw

 

ということで、

今のFFにその頃ほどの感動は味わえないのですが、

FF将垢惑磴い泙后

FFファンとしてシリーズが出る限り買い続けます。

これはもう義務ですw

 

でもですね〜。

実はPS4持ってないのです。。。

FF将犬皀僖愁灰鵑任笋辰討りました。

そして、同梱版待ってたのに、、、

でないのね。。。

 

私は同梱版大好き人間です。

限定仕様の本体大好き。

PS3はテイルズ・オブ・エクセリア仕様のものです。

 

PS4はFF将校斗予个襪隼廚辰討燭里砲福繊

まあ零式で出ちゃったしね。

残念。。。

どうしようかな。

普通の買いますか。

この際、中古でもいいな。

 

ソフトは特典を考えるとセブンイレブンかな。

それにしても、

数量限定の「ULTIMATE COLLETER'S EDITION」

凄い価格になってますね。

あーあ、これだから転売は、、、

嫌だ嫌だ。

 

プラチナリヴァイアサンエディションがカッコいいから、

デラックスエディション(DELUXE EDITION)を

買おうかな。




calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

banner


ツイッターバナー

selected entries

archives

search this site.

mobile

qrcode

mail form

advertisement