【3Dプリンタ】水やり当番ノズル 〜盆栽に自動で水やり〜



最近、私は盆栽を買いました。前から興味あったんです。それで購入したのは桜の盆栽です。春に自分の盆栽に桜が咲いて、家で花見ができるなんて素敵じゃないですかき種類的には一才桜(旭山桜)というのですが、幸いなことに初心者向けな盆栽のようです。

 

 

 

 

 

 

さてさて、盆栽というのは当たり前ではありますが水やりが重要になるそうです。春・秋は1日1回(できれば午前中)。夏は1日2回(朝と夕方)。冬は2〜3日に1回(できれば午前中)。水はできるだけ毎日同じ時間にあげると樹も慣れていいようです。樹もやっぱり生き物なんですね。人間もご飯の時間を毎日コロコロ変えられると困りますからね。

よく水をあげすぎると根が腐るという話を聞きますが、そんなことはないようです。水で腐るのはその前に水切れを起こした場合のようです。水切れすると根の先端にある毛細根なるものが傷みます。この毛細根が水を吸い上げるのですが、傷むと水を吸い上げることができなくなります。その後に、水を切らしてしまったと思い、大量に水を与えると根が吸い上げることができず、水に浸かった(飽和した)状態になり、根が腐るということらしいです。ですので、水を切らすことなく与え、毛細根を守ってあげれば根腐れを起こすことはないわけです。

しかしこれは困った。お盆、正月は私も実家に帰るようにしています。つまりは長く家を空けます。水やりなんてできない。ましてや夏場は1日2回上げないといけない。なのに1週間ほどカラッカラな状態にしてしまうことになります。

そこで買ったのがコレです。

 

 

 

 

 

毛細血管現象を利用した自動水やりの「水やり当番」です。毛細血管現象とは細い管状物体の内側の液体が管の中を上昇する物理現象ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

このイラストのように、水のタンク(イラストの場合はペットボトル)を供給源に水やり当番の先端を土に刺せば、水を自動に供給してくれます。先端は陶磁器(素焼き)になっており、ジワジワ水がしみ込んでいくので長い時間水を自動で供給してくれます。本当はジョウロでジャバジャバ水を葉の上から与えた方が、盆栽にとっては良いようですが、ないよりは遥かにマシでしょう。

 

ただ・・・。

 

太いな先端。。。

こんなん刺したら盆栽の土に大きな穴が開く。水やりは大事だけど、見た目がひどくなる。ということで・・・。

 

3Dプリンタの出番です!

 

水やり当番の先端に取り付けるノズルを作りましょう。陶磁器の先端部分をノギスで測ってそこにハマるように設計します。それで刺しても問題ないぐらいの径の先端を作ってそこに穴を通しましょう。

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。いい感じじゃないですか?

 

 

 

 

 

 

出力!ええ感じですね〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はめてみるとこんな感じ。では早速刺してみます。

 

 

 

 

 

 

うん、悪くない。これでしばらく様子見ですね。

1日放置・・・。

さ、状況を見てみましょう。水を与えてるタンクは100均のダイソーで買ってきました。蓋つきで300円しましたが。20L以上の水が入ります。実は3Dプリンタで作ったノズルをセットする前に「水やり当番」のみでテストしていました。そこで気づいたこと。ノズルをつける前と比較して、水の減り具合が遅い。っていうかほとんど減ってない。これはノズルの穴が小さすぎましたね。水がほとんどはけないのでしょう。変更です。穴を増やして水の通り道を増やします。

 

 

 

 

 

 

再度装着。

そして1日放置・・・。

結果。おー水の減り具合が増えました。ノズルなしの時と比べると幾分かまだ少ないですが、まあいいでしょう。これでいってみよう。これで外出時も水切れが起きませんように!がんばれ盆栽!!



【3Dプリンタ】自作痛グッズ のんのんびより 紙やすりケース



3Dプリンタ周りを片付けよう第2弾です。

 

さてさて、先日けいおん!のペン立てを作って工具類を片付けましたが、まだ目につくものが。紙やすりです。ホームセンターで買った紙やすり(巻き)。3Dプリンタの仕上げには欠かせないものです。ただ、無造作に置いとくのも味気ない。ということで、入れ物を作ります!

 

巻きなのでどう保管しましょう。立てて保存しましょうかね。今は2種類(240番、400番)しかないですが、削ってて思ったのはもっと荒い番手と、もっと細目の番手も買えばよかったと思っています。粗削り用に80番ぐらいかな。それと仕上げに800〜1000番ぐらいほしい。ということで後に4つぐらい入れる体で作りますか。

 

さて、形状としては「田」の字のような形状でしょうか。早速書いてみます。

 

 

 

 

やすり立てcad

 

 

 

 

ふむこんな感じかな。

 

 

 

やすり立て3D

 

 

 

 

では、「XYZware Pro」に取り込んで印刷。

 

 

 

 

やすり立て_出力

 

 

 

 

おー。いいんじゃないの♪

 

今回もせっかくなのでラベル貼って痛グッズにしましょう。今回選んだアニメは「のんのんびより」です!「のんのんびより」は私の好きなアニメ3本指に入ります。癒される〜♪あ、実は私が痛アクリル板や粘土で痛グッズとかいろいろ自分で作るようになったきっかけは「のんのんびより」なんです。のんのんびより1期の第9話。れんちょんの「ぬ〜りぬり〜♪ぬ〜りぬり〜♪まーっくろにぬ〜りぬり〜♪あの日のこともぬ〜りぬり〜♪」という歌で始まる文化祭の話。みんなで工作してるじゃないですか、文化祭の準備で。あれ見てたら何故か急に創作意欲が湧いてきたので。なぜか(笑)他にも創作意欲が湧きそうなアニメもっと見てるのにねwなんで「のんのんびより」で感じたのかは自分でもよくわからん!その意欲に駆られてかれこれ4年。いろいろ作ってきたね〜。よく続いてる続いてる。3Dプリンタまで買うほどになったし(笑)

 

さてさて、話逸れましたが今回用意したラベルはこんな感じです。

 

 

 

のんのんびより_ラベル

 

 

 

今回は「のんのんびより」および「のんのんびより りぴーと」のOP&EDから持ってきました。さてさて貼りましょう。

 

 

 

痛やすりケース1

 

 

 

 

痛やすりケース2

 

 

 

おーーー!可愛い♪

 

やすり入れよう!

入った入った♪よしよし満足。

 

先日作ったペン立てと合わせて、なかなか綺麗になった!!

 

 

【Before】

 

片付け前

 

 

【After】

 

片付け後

 

 

次何作るかな〜。



【3Dプリンタ】自作痛グッズ けいおん! ペン立て



3Dプリンタを早速使っていきます。

 

さてさて何を作りましょうか。考えながら周りを見たら、カッターやらヘラやらノギスやらなんやらの工具が、3Dプリンタに使うため周辺に散らばってます。ふむ。これはこの子たちを入れるペン立てでも作りますかね。ペン立てなら設計しやすいし、最初に作るにはピッタリかと。ちょっと高めに積み上げた造形もしてみたいですし。ペン立てなら造形した後、ラベルシールを印刷して貼れば簡単に痛グッズも作れますし。

 

まずはデータを作ります。

前回同様、オートデスクの「Fusion 360」を使います。ちょっと工夫したペン立てを作りたいところですが、今回は最初なのでまずはオーソドックスに作ることにします。

 

 

 

ペン立て モデル

 

 

 

円柱の中を十字に切ったオーソドックスなスタイルです。3Dプリンタっていいですね。ラベルはA4で印刷する予定ですので、A4ヨコで貼った時に1周するよう円周がA4ヨコの297mmになるように設計しました。その辺を自由に設計できるのは便利ですね。

これをSTL形式で保存し、「ダヴィンチ 1.0 Pro」の印刷ソフトの「XYZware Pro」に取り込みます。

 

 

 

XYZware Pro ペン立て

 

 

XYZware Pro ペン立て

 

 

 

よしよし。では印刷してみましょう。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】3Dプリンター用フィラメント ABS!
価格:1995円(税込、送料別) (2017/10/13時点)

 

 

 

フィラメントは前回も使ったこれを使います。では早速印刷を。

 

 

 

造形開始

 

 

 

 

じーーーーーーっ

 

造形していくのを見てるのは楽しいですね。徐々に形になっていく様は見てて面白いです。といっても少しずつ積層してかなり時間をかけて作っているのでずーっと見ているわけでなく、離れては様子を見に来て、「できてる♪できてる♪」と思いながらワクワクして見ているのですが(笑)

 

まだまだ時間がかかりそうなので、3Dプリンタ君には引き続き頑張ってもらいちょっと外出します。

 

 

 

・・・。

 

 

 

ただいま〜。

さてどうなってるかな〜〜。

 

・・・ん?ん〜〜〜?

これは・・・(−−〆)

 

印刷中止。キャンセルでござんす。

 

 

 

 

 

造形失敗

 

 

 

 

なんか割れてね?

層に変な線が見える。。。

 

 

 

 

造形失敗

 

 

 

 

やっぱり割れてる〜〜!

原因は何かな??わからん。

ということでこういうものは詳しい人に聞こう。実は私の職場で3Dプリンタ関連の業務をしている人間がいるので、写真を見せて聞いてみたところ、「温度が低い」と言われました。積層途中で割れるのはほとんど温度が原因とのこと。でも、「ダヴィンチ 1.0 Pro」は囲われているものなので、出力中に冷めてしまうなんてことは少ないはず、ということはそもそものノズル温度が低いの?

調べてみるとABSを出力する時の温度は230〜250度くらいとのこと。しまった知らなかった。220度で設定してた。「PLAが210度くらいだから適当に10度ぐらい上げとくか」と設定したけど足りてなかった。っていうか重要な部分とわかっていながら何故ちゃんと調べずに設定したのやら。自己反省。

ということで設定を235度にしました。ちなみに「ダヴィンチ 1.0 Pro」は最高240度まで設定できます。

 

では再チャレンジです。フィラメントの色も変えてみますか。オレンジと合わせてピンクも買ったのでこっちを使ってみます。

 

 

再チャレンジ!!

 

 

 

3Dプリンタ ペン立て

 

 

 

できたけど・・・。

36時間かかった。なげーーー!丁寧に作ろうとノズルの速度を遅くしすぎた。パラメータはこれから作りながら見直していかないとなー。

ま、なにはともあれできました!!!

 

さてさて、今回は『けいおん!』でいきます。けいおん!のラベルシールを印刷して作ります。

 

 

 

けいおん! ラベル

 

 

 

こちらを貼ります。

 

 

 

けいおん ペン立て1

 

 

 

 

けいおん ペン立て2

 

 

 

でけた!

工具&文具類を入れるとこんな感じです。

 

 

 

けいおん ペン立て3

 

 

良い出来です♪

やっぱり楽しいですね、3Dプリンタ!

次は何作ろうかな〜。




calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

categories

banner


ツイッターバナー

selected entries

archives

search this site.

mobile

qrcode

mail form