【ゲーム】〜感想〜 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド



 

 

 

 

■ニンテンドースイッチを手に入れました

 

 

今年は諦めていました。

何をかと言うと「ニンテンドースイッチ」を買うのをです。だいぶん、普及してきて店頭にもポツポツ並ぶようになってきましたが、まだ品薄ですし、これからクリスマスです。お子さんもプレゼントに欲しがり、みんな求めてますし、まだ買うのには運と活動が必要そうだな〜、と。

 

ところがです。手に入ったのです。急に。

先々週の土曜日。その日は、仕事の用事で外に出ていたのですが、一通り終わって夕方に家に向かって帰っているとき、ふと高校時代の友人から電話がかかってきて、「何かあったのかな?」と思って電話に出たら、「今、池袋のビックカメラにいるんだけど、スイッチ緊急入荷って書いてあって目の前で売ってるよ!買っとく?」と言われました(笑)

その友人はもうすでに運よく買えているので(っていうかよく出くわすな。甥にも買ったといってたから出くわすの3回目みたい。すごいな。)、気を利かして私に電話してきてくれたのです。感謝感謝。ありがたい限りです。

「お願い!買っといて」と頼み。その足で受け取りに向かいました。

 

 

 

ニンテンドー(箱)

 

 

 

といった流れで購入です。

第一印象は箱で持った時、「あ、思ってたより軽い」と思いましたね。携帯ゲームとしても持ち歩けるのでこれぐらい軽くないとだめですね。

 

 

 

ニンテンドースイッチ(本体)

 

 

 

 

ニンテンドースッチ1

 

 

 

 

ニンテンドースイッチ2

 

 

 

 

ゲーム機といった感じより、見た目はタブレットといった感じですね。タブレットの横にコントローラー(ジョイコン)がくっついている感じ。携帯ゲーム機として持った印象は、横幅が広くて持ちにくいです(苦笑)この形態よりやはり、テレビに繋ぐか、画面の部分を置いて、コントローラーとしてやったほうがよさそうです。

 

 

 

 

 

■ゼルダBotW感想

 

 

 

ゼルダ

 

 

 

さてここからが今回の本番です。

私は、このブログでも言ってますが、「ゼルダの伝説」シリーズの大ファンです。ゲームタイトルの中でもゼルダが一番好きと言ってもいいと思います。FF、ドラクエを差し置いてもゼルダですね。そんな私はゼルダをやるためにスイッチを買いました。今回のゼルダは反響もよく、すごく楽しみにしていました!

 

結論から言うと、ちょっと残念に思ってます・・・。気づくべきでしたw今まで私はゼルダをやってきましたが、「ブレス オブ ザ ワイルド」のような反響の大きさは過去作にはあまりありませんでした。つまりは過去のゼルダ作品とはちょっと違うのです。そう!私が好きな過去のゼルダ作品とはちょっと違うのです!!

 

今作はオープンワールドです。FFもモンハンも最近はオープンワールドですね。どうやら聞いた話によると日本でオープンワールドを作る際、どうしてもコストが掛かってしまうので「ビックタイトル」を咬ませないと予算が下りないようです。だから新タイトルのオープンワールド作品より、有名タイトルがオープンワールドの作品になることが多いみたいですね。そんなこともあり、タイトルとして有名な「ゼルダ」が起用され、オープンワールドアクションゲームに採用されたわけですね。

 

でもですね。従来のゼルダの大ファンとしては、「・・・これゼルダじゃなくてもいいのでは?」と思ってしまいます。洋ゲーになりますが、PS4でやった「ホライゾン ゼロ ドーン」にそっくりですね。

あ、1点勘違いしないで頂きたいのは、「ブレス オブ ザ ワイルド」は面白い作品です!楽しいですよ。ただ、私が個人的にゼルダに求めていたものがキュッと小っちゃくなっちゃった印象なんです。

 

私はゼルダといえば、ストーリーを進めていくとダンジョンに行きつき、ダンジョンの中をマップや仕掛け、更にはそこで手に入るユニークな道具たち(フックショットやブーメラン、ミラーシールドに各種ロッドやブーツなど)。ダンジョン攻略で「こうすればいいのかな」、「あそこにいけばいいのかな」と迷いながら数時間かけて攻略。ボスのカギを手に入れて、部屋に入ると、「こいつはどう倒せばいいんだ!?」と思うような巨大な敵なんかが現れ、四苦八苦しながらクリア。次のダンジョンはどんな仕掛けがあって、何の道具が手に入るのかな?ボスは何かな〜?というのをワクワクしながらプレイしていました。

 

今回その辺がないのです・・・。

まだプレイしている途中ですが、あるのはちっちゃな祠。仕掛けはあれど、1つクリアしたら終了。ダンジョンではありません。寂しい・・・。

道具も序盤でどんどん手に入ります。寂しい・・・。

 

面白いのは面白いのです。ゼルダならではの横跳びやバクテンといったアクション。ゾーラやゴロン族のキャラクター。ゾーラ族のミファーなんてゼルダの世界観の独特の可愛らしさを持っており素晴らしいキャラクターです。過去作ではトワイライトプリンセスに出てきたミドナとか大好きでした。

 

 

 

ミドナ

【ミドナ】

 

 

 

ミーファ

【ミーファ】

 

 

 

でもなー。面白いんだけど、ゼルダとしては個人的には残念です。この反響では次回作が出たとしても、私の好きなゼルダからはどんどん離れていくのではないかと思うと悲しいです。是非、昔のダンジョン要素を取り入れてほしい。あの、仕掛けをクリアしながらボスのカギを目指す感じ、新しい道具を手に入れてワクワクする感じ。あと、なんで今回のゼルダでは武器壊れるんですかね。あれもイマイチ。

 

ちなみに私はあんまりオープンワールドが好きでないです。「どこに行くのも自由ですよ。さあどうぞ!」が昔から好きでないのです(元も子もないですが・・・。)。昔から自由度高めのゲーム好きでなく。。。RPGで言うとサガフロンティアとか苦手です。むしろ、ファイナルファンタジー召里茲Δ複泳榮擦虜酩並膣新泙任后

・・・そういう時代じゃないのかな〜。あんまりこのセリフを言いたくないのですが「昔のゲームのほうが楽しかったな」と思ってしまいます。ゼルダはそういう意味で、1回も期待を裏切ったことがなく、ずっと私のストライクゾーンにいてくれたので、今回のではちょっとゼルダが私から離れて行っちゃったのを感じ、少し寂しくなっちゃいました(苦笑)

 

 

 

■〜余談(バカ話)〜

 

 

しまった・・・。先日、「リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜」を予約したのですが、PS4版で予約したつもりが何故かPSVita版を予約購入してる。Vita持ってないのに。バカだ〜〜w笑える。家で一人大爆笑です!こんなミス初めてした。まあ、買ってしまったものはしょうがない。届いたら速攻でオークションで売りましょう。スイッチ手に入ったし、せっかくだからスイッチ版で買うかなw



【3Dプリンタ】ダンボールねこ(UVレジン/キーホルダー)を作ってみました



さて、また3Dプリンタ&UVレジンで遊びます。

基本、私はアニメのワンシーン等から絵を持ってきますが、今回は珍しく自分で書きます。といっても私は絵がド下手です。もとより書けるなら最初から書いてます。ということで、簡単な絵を。

モチーフは何にしましょうかね。人を描くのは大の苦手なので、動物の絵でも書きますか。ネコにしましょう。段ボールに入って顔を出すネコなんて可愛いですね。

 

では・・・。

 

かきかき・・・違うな。

かきかきかきかき・・・ん〜可愛くない。

かきかき・・・まあ、いいか。

 

 

 

ダンボールねこ_手書き

 

 

 

これが限界です。

可愛いイラストとか描ける人尊敬します。

 

では、データ化しましょう。まずはペイントで白黒画像(二値化)で保存。その後、自分で微調整して、「Fusion 360」に取り込みます。

 

 

 

ダンボールねこ_3Dデータ

 

 

 

 

ふむ、まあまあ。では出力して細かい部分をやすりで削り、準備完了。さて、勝負はここからです。まずは、色を作りましょう。UVレジンに100均で買った着色剤を混ぜて色を作ります。まぜまぜ。さらに100均で買ったラメの粉も混ぜてキラキラさせます。作る色はネコ用に青(ラメ入り)とダンボール用に茶色です。よし、色はこれで準備完了。

型(3Dプリンタで作ったやつ)にはマスキングテープを貼って底を作り、少し流して、UVランプ(ドーム)に入れ底を固め、更に流し込んでを繰り返し作っていきます。

 

ところが・・・。

まー失敗する。。。

 

 

 

 

最初はいきなり流し込みすぎたせいで、UVランプの紫外線が奥まで届かず、うまく固まらずドロドロに、、、最終的にランプを当てまくって固めましたが、なんかボコボコになってしまいました。

 

次は、固めるのはうまくいったのですが、出来た後、見てみたら中に大きな気泡が入ってて透けてみたら変な感じに見える。作ってるときは、カッティングボード上でやってたから暗くてよくわからなかったけど、できて光を当てたら中が大きな気泡で空洞になってるから変。気持ち悪い。。。

 

3回目。スタートで失敗。底作ろうと流したけど。ムラができてた。テキトーにやりすぎた。穴空いてるしこのままいったらまた気泡出来て、失敗しそうなので早々に諦め。

 

 

 

失敗

 

 

 

失敗がいっぱい。

さて、4回目。結果から言うと成功(?)。

妥協ですけど(笑)

 

 

 

ダンボールねこ

 

 

 

まあ、可愛い出来じゃないですかね。

ただ、色が。もっと薄い青色で作るつもりが、使っては継ぎ足しで色を作りながら何回も挑戦してたら、気づいたら色が大分濃くなってしまいました。。。その点、失敗作の時の青色のほうが好みでした。ま、引き続きやっていく予定なのでその辺は経験積めばもっといいのができるかな。



【3Dプリンタ】ミッキーのコースターを作ってみた



今回は3Dプリンタでコースターを作ってみます。そしてフィラメントの色もいろいろ揃ってきましたので2色使って作っていきましょう。と言っても、使うのは「黒」と「白」の2色ですけどね。

 

で、今回作るのはミッキーのコースターです。以前から申してますが、私はディズニー大好きです。好きなキャラクターは『プルート』なんですが(以前、プルートのアクリルアートも作りましたね)、今回はミッキーで作ります。そういえば余談ですが、来年の干支は「戌」ですね。ディズニーランドでは、プルートのグッズがいっぱい出るみたいなので楽しみです♪

 

さてさて、作り方ですが。パーツを二つに分けます。一つは白のフィラメントを使って、ミッキーのシルエットの形を作ります。もう一つは黒のフィラメントで丸型のコースターです。但し、黒の方は、ミッキーが嵌るくぼみを作ります。そこに白のミッキーをはめて、ABS用のセメントで接着するわけです。

 

では、まずはミッキーのシルエットです。今回は、イラストを変換してCADデータにします。

 

 

 

ミッキーシルエット

 

 

 

おー可愛い♪

さてさて、プリントです!!

 

 

 

ミッキーシルエット出力

 

 

 

試しに白色と黒色で出力しましたが、使うのは白色です。これでキーホルダーとか作ってもいいですね。今度作りましょう!さてそれは置いといて、次は、コースターのベースを作ります。シルエットを部分をくりぬいて丸型のコースターです。CADで作りましょう。

 

 

 

コースター ベース

 

 

 

できたできたいい感じ。では出力を。

 

 

 

コースター ベース出力

 

 

 

はい!できた!

この2つを合体させて完成なのですが、ここからがめんどくさい。当たり前ですがこのままではハマりません。ミッキー本体も窪みも同じサイズなので。さらに出来の精度、伸縮などがありますので。その分を研磨する必要があります。ヤスリ棒と紙ヤスリでガリガリガリガリガリ。合わせてみてもまだ全然。ガリガリガリガリガリ。合わせてみたけどまだ耳の部分とか足の部分が干渉している。ガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリ・・・。

 

格闘すること1時間弱・・・。

 

ハマったーーー!!

 

 

疲れた。。。

でもまだ作業は続きます。出力は層で出来てますし、表面は少しザラザラしてますので、研磨が必要です。ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ・・・。よし。ただ傷だらけなので、さらにアセトンで磨きます。このためにアセトンを買いました。アセトンって簡単に楽天で買えるんですね。新しいハンドラップを買って入れました。

 

ゴシゴシ。キュッキュ。

 

ジャジャーン!

 

 

ミッキーコースター

 

 

ピカピカです!

綺麗にできました。よしよし。完成!

次は何作ろうかな〜。




calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

banner


ツイッターバナー

selected entries

archives

search this site.

mobile

qrcode

mail form